体が悲鳴を上げる前に|精神科で心の病について相談しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

診療を受ける前に

頭を押さえる女性

心の病気に関して

現在では心の病気を訴える人が多くなっています。ストレスを抱えているという人が多くなっていますが、それによってうつ病などを発症することが多くなっています。このような精神的な病気を発症したときには、病院を受診してしっかりと治療をする必要があります。このときに選ばれている診療科が精神科となります。精神科を受診して診察をしてもらうことがありますが、普通の生活をしている人にとってはあまりなじみがあるところではありません。うつ病を発症するというような人はよくお世話になるところですが、初めて受診をするときには予約が必要になるというのを忘れないようにします。ここではほかの診療科と同じように診察が行われるようになっていますが、血液検査などが行われることではないので、診察は問診が中心となります。したがって診察時間が長めに設定されています。精神科ではカウンセリングや問診が行われており、30分程度必要になることもあります。病院での診察時間は限られているので、混雑を防ぐために基本的には予約となります。

精神科をこれから受診しようと考えている人は、次のような点に注意をする必要があります。それは診察をしてもらうことができる曜日や時間が限られていると言うことです。病院によって違いがありますが、小さな病院の場合には精神科の医師が常にいるということはありません。逆に大きな病院の場合には複数在籍していると言うこともあります。こうなると診察を受けることができる曜日や時間が異なってしまいます。うつ病の場合には基本的に同じ医師に継続して受診するという形となっています。したがって自分の担当医がいる曜日や時間にあわせなければいけません。したがって時間的に余裕がないという人は、あらかじめ自分の都合をしっかりと伝えておくことが必要になります。長期間にわたっての療養が必要になることがあります。この場合の各種手続きに関しては、担当医に直接確認するようにします。精神科を受診するときには、かかりつけ医とは少し違いがあります。したがって治療の基本は、しっかりと医師と会話をすることから始まります。

Copyright © 2016 体が悲鳴を上げる前に|精神科で心の病について相談しよう All Rights Reserved.