体が悲鳴を上げる前に|精神科で心の病について相談しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

心が疲れたときに

カウンセリング

なんとなくいつもと違う

精神科というと今までは、あまりいいイメージがありませんでした。お医者様と沢山お話をして悩みを聞いてもらうというイメージがあるかもしれません。現在、そのようなカウンセリングを行うのは、最初の治療を開始する前や、どうしても話を聞いてもらいたい人が、臨床心理士とカウンセリングをするのが主流となっています。精神科では、統合失調症や躁うつ病などの患者さんにお薬を投薬し、症状を改善することが重要な仕事なのです。そのために、医学的に検査をし多角的な所見をして、他に重大な病気が隠れてはいないかなど確認するというようなことをしているのです。脳波の検査や血液検査などの検査をすることによって、精神的な不安や落ち込みが体の異常から起きている場合には、他の科を受診しながら精神的な不安を改善することも出来るのです。そういった、他の科と連携をとりながら体と精神が共に改善する方法をとることが出来るのです。精神科だからこそ出来る、投薬ももちろんあります。統合失調症、躁うつ病にはお薬を飲むことで、症状は著しく改善します。

カウンセリングはどこで

精神科は、精神と体の調子を総合的に判断するところですが、どうしても自分の悩みを聞いてほしいという場合があります。精神科では、なかなか長時間にわたってのカウンセリングを先生とすることは難しいのですが、精神科にカウンセリングの臨床心理士がいる場合にはそのカウンセリング室を利用することも出来ます。そういった、病院を受診したいと考えたときには、はじめに保健所などの公的機関で一度相談するのが良いでしょう。精神的に参っているときには、人と話すことも容易ではありません。まずは、電話での問い合わせ、そこでどんな流れで病院にかかるのか、どういったところで相談できるのか、確認するのが良いでしょう。精神科の病院は、予約制であることが多いですので、自宅から通えそうなところ、先生や病院の評判なども確認すると良いでしょう。実際に、病院の予約を入れたら、何を話すべきなのかメモに箇条書きすると良いです。あれもこれも話したいことが沢山の状態では、実際伝えたいことが伝わらずに終わってしまうこともあります。精神科に通うため小さな勇気を出しましょう。

Copyright © 2016 体が悲鳴を上げる前に|精神科で心の病について相談しよう All Rights Reserved.